2007年04月08日

メディアプレーヤとMac

先日、アイ・オー・データ機器のAVeL LinkPlayerをハードオフでたまたま見かけ、数千円だったので購入しました。モデルは一番古い「AVLP1/DVD」。

それまで使っていた東芝のDVDプレーヤが壊れてしまったため、DVDプレーヤ代わりに使えるだろうというのが目的です。ついでにメディアプレーヤとしても使えたらラッキーという感じでした。

まず、 バッファロー HD-HG250LANicon とはあっさりつながりました。

アイ・オーもバッファローもVertexLink社互換機だからつながる、ということなのでしょうか?

問題はMacでした。こうなったら、MacのiTuneやiPhotoとも接続したい!

しかし、「AVLP1/DVD」用のAVeL Link Serverソフトは、「MacOS X 10.3のみに対応」とのこと。インストール後起動しても何も起きません。Dockにいることはいるのですが、ファイアウォールで8000番ポートを開けてもプレーヤ側から見ることはできませんでした。

でも、アイ・オーからバッファローが見えたということは、この規格に沿って作ってある互換サーバソフトがきっとあるはず。

探したら、ありました!まずはWizdこちらが詳しいですね。

しかし、それは試さず、CocoaMovieBrowserServerを使ってみました。

CocoaMovieBrowserもインストールしてプレイリストを作っておかないと怒られますが、やってみたらバッチリ!プレーヤ側から自動的に認識されました。iTuneもiPhotoもムービーもみんなバッチリです。Kitaninさんに感謝です。

これで、リンクステーションでもMacでも、どちらからも大画面で家族に見せることができます。テレビをフルハイビジョンに買い換えるまで、AppleTVは要らないかなわーい(嬉しい顔)
posted by 急いでジャンプ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | AV環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。