2008年05月13日

PlaxoでMacアドレスブックとThunderbirdアドレス帳とGmail間の同期

せっかくPlaxoを使っているので、アドレスブックの同期も試してみました。

メーラーは最近、気分によってLeopard標準のMail、またはThunderbirdの両方を使っています。メール自体はLinuxサーバのPostfix + Courier-IMAPで管理しているので、メーラーを変えるのは自由なのです。

また、場合によっては全メールを転送してため込んでいるGmailを使うこともあります。

そこで、メインのiMacとサブのPowerbook G4、そしてGmailのアドレスブックやアドレス帳を同期させることができれば、とても便利なのでした。

カレンダーの同期でMacにはPlaxoを入れてあるので、そのままアドレスブックを同期させればOK。ThunderbirdにはPlaxoのサイトからプラグインをダウンロードしてインストールしました。

Mac標準のアドレスブックでは、複数のグループを登録していろんな人を分類して使っています。Thunderbirdでも複数のアドレス帳に分類して使っています。それらの分類を何とか同期させようといろいろやってみました。

結局、Plaxoのヘルプページに、このバージョンのThunderbirdのプラグインは一つのフォルダにしか対応していない(this version only supports a single contacts folder.)とあって、今はダメなことがわかりました。
Macアドレスブック    Plaxo         Thunderbird
すべて      ←→ すべての連絡先 ←→ 個人用アドレス帳
グループ1    ←→ カテゴリ1   ×  (アドレス帳1)
グループ2    ←→ カテゴリ2   ×  (アドレス帳2)
グループ3    ←→ カテゴリ3   ×  (アドレス帳3)

こんな感じですね。

ただし、Macアドレスブックの一部のグループがどうしても同期対象になってくれません。なぜだろう? 設定をやり直してもダメだし...

さらに、GmailとはGmail→Plaxoの一方向同期しかできないとのことで、これもあまり役に立ちません。

ということで、今後のPlaxoバージョンアップに期待です。
posted by 急いでジャンプ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。