2008年04月28日

PlaxoでiCalとGoogleカレンダー間の同期

家族などとスケジュールを調整するために、これまでGoogleカレンダーを便利に使ってきました。Mac OS Xに標準で付いているiCalも使ってみたいと思ってはいたのですが、WindowsユーザであるパートナーのこともあってGoogleカレンダーから離れられません。

GoogleとiCalの同期方法も無料のものを試してみては、ダメだなぁ、と何度かあきらめていました。

たまたま、先人のいくつかの記事を見つけて、Plaxoを試してみました。

第10回 GoogleもOutlookもPlaxoでカレンダーを同期する
Plaxoを使ってカレンダーの同期を試す
PLAXO カレンダー iSyncとGoogle、iCalの同期設定覚え書き
Plaxo(プラソ)でカレンダー同期

これらのサイトを参考にすればいいのですが、あまり書いてなくてはまったのは、Plaxoの「フォルダ」という設定でした。

Googleアカウント1 <------> Plaxoのカレンダー1 <------> iCalのカレンダー1
Googleアカウント2 <------> Plaxoのカレンダー2 <------> iCalのカレンダー2
Googleアカウント3 <------> Plaxoのカレンダー3 <------> iCalのカレンダー3

という具合に、カレンダー毎に同期設定しなければならないのですが、どこから設定するのかわかりづらいですね。今後改善はさせるんでしょうけど、Google、Plaxo、そしてiCalのカレンダーをあらかじめ準備してから同期設定にはいると、スムーズでした。

実は最初、複数のGoogleカレンダーを一つのPlaxoカレンダー、一つのiCalカレンダーに同期させてしまって、いろんなスケジュールが混ざってしまいました。復旧に時間がかかったもうやだ〜(悲しい顔)

まだ運用にはいって1日目ですが、今のところは使えそう。PlaxoツールをLeopardに入れた直後にOSが不安定になって再起動させられたのは、きっと関係ないよなぁ。
posted by 急いでジャンプ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。