2007年05月20日

MAMPとXAMPP

Web開発をしていると、ローカルな開発環境が必要となります。自Linuxサーバ上に作ってもいいのですが、常用しているMac OS X上にあると、持ち運びもできるしDreamweaver で修正した結果もすぐ見ることができてとても便利です。

というわけで、これまではMAMPをインストールして、通常のWebページだけでなくXoopsなども動かしていたのでした。しかし、問題はMovable Typeでした。Apache、PHP、MySQLだけならMAMPで十分だったのですが、Perlには困りました。

一度MAMPへのPerl導入に挑戦したのですが、簡単にはいかず、かなり苦労しそうだったのであきらめたことがありました。その頃はWindows用にはXAMPPがあって、MTもインストールできた様子。そこだけうらやましく思っていました。

ところがいつの間にかXAMPP for MacOS Xというものがリリースされていることに気がつきました。まだベータ版だしインテルMac専用みたいですが、これは使ってみなくては!

インストールはMAMP同様、とっても簡単。php.iniとhttpd.confの日本語関係だけ少し直したらもう使えます。デフォルトで80番と443番のポートを使用していて、MAMPより本格的な感じです。SSLのポートがぶつかってしまうため同時起動はできませんが、インストールしたまま片方ずつ使うことはできます。

これから少し使い込んでみましょう。
posted by 急いでジャンプ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Web開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。