2005年11月29日

LAN内データ交換:LAN接続HDD(NAS)の選択 その4

バックアップは、当面Automaterを使ってフォルダごと圧縮アーカイブし、それをバックアップすることにしました。それなら、長い日本語ファイル名があってもアーカイブ内に隠されるし。

必要なツールは、

・Automaterによるスクリプト
・ClonniX.app(UNIXのcronという自動実行デーモンを利用するアプリ)
・iBuckup(フリーのバックアップソフト)

です。1日1回次の処理をcronで順に実行します。


(1) LAN接続HDDをautomaterでマウント

(2) iTuneと書類のフォルダをautomaterでzipアーカイブ
アーカイブに時間がかかるので、60分ぐらい待つ

(3) iBackupを起動
少しするとiBackupのスケジュール機能で自動バックアップ
バックアップに時間がかかるので、60分ぐらい待つ

(4) (1)で作ったzipファイルをautomaterで削除


automaterで作ったアプリのファイル名を日本語にしてしまい、cronで動かなくてしばらく悩んでしまいました。

当面は、これで行こうかな。他のフォルダに長いファイル名はなさそうだし。
posted by 急いでジャンプ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsとデータ共有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。