2005年07月05日

LAN内データ交換:Windows側の共有フォルダへアクセス

Windows XPの共有フォルダへMac OS Xからアクセスするのも簡単です。

Win側共有へアクセス1.jpegまずFinderを開き、“ネットワーク”をクリックし、


ワークグループ選択の表示になった場合は、アクセスしたいWindowsのワークグループをダブルクリックします。同じワークグループにいる場合は、“My Network”をダブルクリックしても同じ動作となります。

Win側共有へアクセス2.jpegあるいは、ワークグループ選択の表示が出ないで、いきなりマシン名が並んでいる画面になるかもしれません。どちらの場合でも、接続したいWindows XPのマシン名をダブルクリックし、


Win側共有へアクセス3.jpeg最後に接続したい共有フォルダ名を選択すれば、


Win側共有へアクセス4.jpegこのようにアクセスすることができます。もしユーザ名がWindows XP側とMac OS X側で違っている場合は、「認証」ボタンを押してWindows XP側のユーザ名とパスワードを入力すればアクセスできるはずです。


Winから見た共有フォルダ.JPG相手がWindows XPの場合は簡単ですね。日本語のファイル名も何も問題ありません。なお、Windows XP側へMac OS XからJPEGファイルをコピーしてみたところ、不可視ファイルが2つ作成されました。“._”で始まるファイルと“.DS_Store”です。

Winから見た共有フォルダ2.JPGところが、もう一つJPEGファイルをコピーしたのですが、そちらは“._”で始まるファイルがコピーされません。うーん、なぜ? どなたか理由のわかる人、いらっしゃいますか?
ラベル:Mac Windows
posted by 急いでジャンプ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsとデータ共有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。