2005年05月21日

Macの何がいいの?:エクスポゼ

“Mac OS X 10.3 Panther”で機能追加された目玉機能“Expose:エクスポゼ”ですが、フランス語で「陳列された」という意味があるようですね。

この機能は、重なっているウィンドウを画面全体で一覧させて選んだり、全部隠してデスクトップを表示させたりすることができます。たくさんのウィンドウを開いていて、それらの間を行ったり来たりするときに使います。

Windowsしか知らない人に使っているところを見せると、たいていの場合「おおっー! すごいねぇ!」と言ってくれます。効果抜群です。

Windowsにもウィンドウを全部隠すショートカット“「windows」キー+D”ぐらいはありますが、同じなのはこの機能だけですね。
(皆さん、Windowsでもこの機能を使っていますか?)

Macを使い始めた頃は「エクス何? どうやって使うの? どう便利なの?」という感じでしたが、今ではしょっちゅう使います。もうこの機能がないと生きていけません。

起動は、マウスを持っているときは四隅に持って行くし、キーボードに手を置いているときはF9キー、F10キー、F11キーを使ったり、いろいろです。

Appleのページにすばらしい機能説明があるので、そちらを見た方が理解しやすいでしょう。でも、操作ビデオが英語なので、私も少し作ってみました。

全ウィンドウを一覧したい場合の操作画面


1つのアプリケーションの全ウィンドウを一覧したい場合の操作画面


隠れているデスクトップを見て操作したい場合の操作画面


どうでしょう? とっても便利です。
ラベル:Mac
posted by 急いでジャンプ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac OS X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。