2004年11月07日

家族の協力...

昨日は妻と楽しい時間を過ごしたとか、やることをリストアップできたなどとうれしいことを書きましたが、今日は悩みを書こうかな。

それは、昨日書いた妻のことです。妻には、独立しようと思い立った数ヶ月前には、そのことを話していました。そして、「いいんじゃない!」と合意してもらっています。しかし、このところ、「すぐに会社を辞めないで欲しい」とか「そんなんじゃ、協力はできない!」といった足を引っ張る系の発言が増えてきています。

今日も、仕事用場所を確保するために強引に一部屋を片付けて、というより荷物を他の部屋に移動し、仕事用の机を一人で買いに行こうとしたら、「勝手にやらないでよ」「そんなんだったら、いやだ」と半分けんかになってしまった。

こう書くと強引にそんなことをした私が悪いように見えるかもしれませんが(確かに良くはないけど...)、そういうことを私がした経緯は半年前にまでさかのぼらないと説明できません。そこは書きたくなったらそのうち書こうかな。


難しいですね。起業を副業から始めようとしたら、会社の仕事以外にすることが増えるのだから、平日夜や休日を多少はつぶさないとできません。しかし、少しでも以前のようなサラリーマン&マイホームパパ的生活を変えようとすると、妻から大きな抵抗を受けます。なかなかそのラインを突破できないため、家ではほとんど何もできず、副業の準備は遅々として進まない状態なのです。会社もなんだか忙しいしなぁ。

ふー、最低数ヶ月はがんばる必要がある、一時的には休みは減る、しかしそこを越えれば期待している生活が実現できる、などと言い続けているんだけど、納得してもらえてないみたいだ。自分の家事・子育ての負担がこれまでより少しでも増える傾向が見えると、抵抗が入る。うーん、やはりサラリーマン家系の妻なんだよなぁ。

どうやってここを突破しようかな。最初は楽勝だと思っていたけれど、実は最難関はココにあるようです。
ラベル:起業 日記
posted by 急いでジャンプ at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝見させて頂いています。副業が起動に乗り、独立できる見通しがたったら実行して下さい。
これからの生き方としてすばらしいと思います。今の日本は高賃金での企業運営が厳しい状況ですから、
いつでも、会社に依存しないで生活していける技術を身に付ける事です。(人には負けない技術)
また、副業とは、具体的にどの様な技術(プログラム開発、Web開発、ホームページ作成)で実行するのですか?
Posted by 田中憲一郎 at 2004年11月09日 09:29
既に起業されている先輩からのコメント、ありがとうございます。いろいろと教えてください。

何で起業しようとしているかまだ書いていませんでしたね。これから少しずつ書いていこうと思います。
Posted by 急いでジャンプ at 2004年11月10日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック