2011年07月29日

2011年7月29日 トレーニング

ラン
タイム1時間4分42秒
距離10.43km
ペース6分12秒/km
平均心拍数139
ピーク心拍数156
Training Effect3.5
7月 月間ランタイム9時間7分6秒
7月 月間距離89.38km

今月も残りわずか、月間100kmまであと1回走らなければ到達しません。無理せず31日に走れればいいかなと考えています。

今日は夕方4時半から走りましたが、5kmの折り返しを過ぎてから足がだるくなり、何だか体も苦しい感じでした。まだ気温も湿度も高いから? 昼食が遅かった影響か? など考えながら走っていたのですが、なんとなく息苦しいような気もします。

そこで、意識的に思いっきり呼吸を速く深くしてみました。すると、しばらくすると体が楽になってきたように感じます。速度は7分台/km に落ち、心拍数も140台から下がらず、呼吸も速く深いままですが、体は徐々に楽になり足のだるさも消えていきました。

ほぅ、ということは...
以下は、今日思いついた仮説です。

私は元々乳酸を処理する能力は低く、代わりに高乳酸にある程度耐えられる体だった → トレーニングした結果、ますます高乳酸に耐えられるようになったが、乳酸処理能力はそれほど上がらなかった → 先日の測定会でもそういう結果だった...

いつもは10km走っても、乳酸をあまり処理せずに走れてしまっていたのだと思いますが、今日は体調が悪かったのか、早く乳酸がたまってしまったのかもしれません。途中から呼吸を速くして酸素をたくさん取り入れたこともあり、やっと体が乳酸の処理が始め、その後体が楽になったのでは、という仮説です。

ということは、後半の状態で運動を長く続ければ、乳酸処理能力が上がるかもしれません。

たとえば、トレーニングの最初は 5分/kmを切るくらい、あるいは 4分30秒/km くらいの速度で追い込んで、早く乳酸をためる。限界まで走ったら
7分/kmより遅いペースに落とし、乳酸を処理しながらできるだけ長く運動し続ける... というトレーニングはどうでしょうか? きつすぎるかな? 一度試してみようかな。


10年以上前は闇雲に走り込むだけのトレーニングしかしていませんでしたが、心拍計や走行ペースがわかる時計をしていると、自分の状態がいろいろわかって、おもしろいですね。
posted by 急いでジャンプ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。